“結婚式を行う会場には色々な選択肢があります。教会や神社の様な厳かな場所を選ぶ人もいますが、宿泊施設と食事をするための披露宴会場、そして結婚式場の全ての同じ建物の中に備えているホテルウェディングに人気が集まってきています。この様な結婚式のあり方に高い人気が集まる理由としては、その便利さだけでは無く、料理に対する大きな魅力があるからなのです。
ホテルの料理と言うのは一般的にはレベルの高いものが多いです。それなりの規模になれば和洋中のいずれの料理にも対応することが出来ますし、結婚式という特別な場であればレストランを借り切って特別なパ-ティーを開くこともできるでしょう。結婚式場としてこの様な場を選択するというのにはこの様に食事や快適さに力を入れたい場合に非常にメリットのある選択肢になるのです。
結婚式場としてのランクは伝統のある協会や神社に比べればリーズナブルに式を挙げることが出来る式場であると考えることが出来ます。親戚が遠方にいるなど親族のための宿泊施設が必要な場合には宿泊施設が付いている式場と言うのは大きな魅力になります。式を挙げるのであれば一般的には割引が効きますし、移動のためのコストや手間を考えなくてすむので誰にとっても便利なのです。そこでポイントとなるのが肝心の料理です。多くの式場が料理を実際に試してみるフェアを実施していますのでまだ検討中の場合には試しに食べてみるのも良いかもしれません。”

結婚式といえば、結婚をあげるための式場とウェディングが必要になってきます。それはどちらも最高のものにして、思い出を作らなくてはいけません。素晴らしい結婚式の式場と素晴らしいウェディングによって結婚式はなりたっているのです。式場として良いのは、やはり結婚式を専門に扱っている業者です。教会などであげるという手段もありますが、それだと教会によっては日本語がわからなかったりそもそも手順がさっぱりわからないというケースも少なくありません。結婚式を行うのならばその道のプロフェッショナルに頼むのが一番です。手順もわかっていますし、日本人が好きなそうな手順もしっかりと把握しています。結婚式をあげるというのは、本来ならば一生に一度のことであり、大変重要なことです。それをふいにしないためにも、しっかりとした式をあげる場所にもこだわり、着る服にもこだわる必要があります。そうしたこだわりを突き詰めることによって、本当の幸せという瞬間を形作ることができます。本当の幸せな瞬間というのは、人生でなかなかないものです。「これ以上幸福になれない」と言ったようなセリフを言えるのは、数限りあるものであり、そうした瞬間をしっかりと見定めて、また、記録に残すためにも、まずはこだわりを持つことから始めてください。自分の気持ちと向き合い、自分の気持ちをはっきりと宣言して、自分の気持ち通りの式をあげられるようにしてみてください。

“結婚式を行う会場を選ぶ際、結婚式専門式場またはホテルウェディングの2択でよく迷われる方がいます。もちろん、個人の好みですのでどちらがいいとは一概には言えませんし、利用者の割合も五分五分といったところです。
例えば結婚式に特化したきめ細かいサービスを期待するのなら専門式場の方がいいでしょう。
教会、チャペル、大聖堂などにも力を入れており、各会場でオリジナル性を取りいれています。そのため、ここで結婚式をしたい!という会場が見つかれば雰囲気をそのまま堪能してイメージ通りの結婚式が期待できます。傾向的には若いカップルが選ぶことが多いようです。
対するホテルウェディングは宿泊施設が併設しているため、新郎新婦はもちろんゲストも宿泊することができるので余裕を持った会場入りをしたり、帰宅のことを考えず楽しむことが可能です。遠方からのゲストを招く際には宿泊施設が併設されている方が安心ですね。また、披露宴とは別の会場でそのまま2次会を行うこともできるため移動の手間がなく、お料理の質も平均的に高くなっています。普通の宿泊客も利用するため会場そのもののオリジナル色は強くありませんが、希望を出せば披露宴会場の中だけに限定してイメージ通りの式を行うことはできるでしょう。
いずれにしても各会場の見学をしてみた上で決めることが重要です。その上でプランナーと話し合い、自分たちが納得のいく結婚式場を選択するようにしましょう。”