半額 サポート プラス。 ソフトバンク「半額サポート+」の深すぎる闇

ソフトバンク苦肉の策「半額サポートプラス」の不都合な真実。新型iPhoneを視野に

「月月割」をまだ利用できる旧式プランを利用している人は「半額サポート」ではなく、「月月割」と「下取りプログラム(機種変更)」の組み合わせで利用した方がお得になる可能性が高いです(特に端末代が安い機種の場合)。 しかし、毎月1万円もスマホに支払うのはそろそろ我慢の限界である。 (25ヶ月目の機種変更のみ)• 詳しくは後ほど解説します。 ソフトバンクで端末購入時に教えてくれれば問題ないと思いますが、そんなことしてくれるわけないですよね。 ソフトバンクもガイドラインにのっとってSIMロックを掛けている、と説明する。 1年で機種変更が可能なオプション ここまで一般的な半額サポートの支払い方法を解説してきましたが、さらにオプションに加入することにより、 2年待たずに機種変更することもできるようになります。 まとめ(加入してから後悔しないために) いかがだったでしょうか?最後に 重要な部分をまとめましたので、加入を検討している方はこれだけ知っておきましょう。

Next

スマホおかえしプログラムと半額サポートはどちらがお得?比較してみた!【ドコモ・ソフトバンク】

旧サービス「半額サポート」との違い 新サービス「半額サポートプラス」と旧サービス「半額サポート」との違いを表でまとめてみました。 決まったことにどうこうよりも、その中でどう実行していくか、常に改善していくことが大事ではないかと思います。 その次は移転先キャリアを聞かれるのだが、未定というダイヤル5を押した。 しかし、「機種は24ヶ月分(半額)で買い取ることもできる」とのことで、要は2年間使用すれば機種を売ったらチャラになるということだ。 半額サポートの加入条件• もちろん、そのまま契約することもできますので、 実際にショップに行かなくても不安、疑問点を解消し納得してからスマホの購入が可能です。

Next

【格安SIM】ソフトバンクの半額サポート+(プラス)でハイスペックスマホが購入可能に(でも全然使えなさそう)

今後はローエンド、ミドルレンジの機種の販売が増えるのか? と捉えていたところもあったのですが、通信事業者としてハイエンドモデルはやはり重要ということになるのでしょうか。 ただ、私どもは「半額サポート+」の基本的な構造を、2年前から提供し、運用してきました。 これまで通り、素晴らしい端末や魅力的な料金は責務として継続しますし、サポート体制は引き続き提供していきます。 こんなめんどくさいことしますか? ちなみにSIMロック解除をしたところで、どこの会社のSIMも指して使えると思ったら大間違いですからね。 それなのに、「割引上限が2万円」だけ、というのはあるべきではない。

Next

ソフトバンク「トクするサポート」はお得?48回払いのデメリットと注意点を解説

プログラム内容はこれまでと変わらず、48回分割で購入したSoftBank 4G LTEまたはSoftBank 4G対応のiPhone、スマートフォン、SoftBank携帯電話、iPad、タブレットを、25ヵ月目以降の買い替え時にソフトバンクへ返却することで、 最大24回分の旧機種の分割支払金のお支払いが不要になるプログラムです。 それではいってみましょう~。 デメリット ソフトバンクの半額サポートのデメリットは 2年契約の縛り期間のある契約をする (月額料金を抑えることができるほとんどの人が利用しているプラン) 程度で大きなデメリットは特にありませんが、メリットを受けることができないものをデメリットとして考えた場合、 長い期間機種変更をしない同じ端末を利用し続ける場合には、半額サポートの特典効果が薄くなる(もしくはなくなる)点がデメリットになります。 加入時に購入した機種を ソフトバンクに下取りに出して査定をクリアすること。 このことに伴って、端末代の購入サポートである「半額サポート」も終了する対象の例外ではなく2019年9月12日で新規申込受付が終了します。 というのも、サポートしてくれた人は「安心パックつけるよりもいいケースとフィルム買って守った方がよっぽど得だ、2年間で2万円もケースとフィルムに使わないでしょう」などということも話してくれたりしてこの人は信用できると思った。

Next

ソフトバンク苦肉の策「半額サポートプラス」の不都合な真実。新型iPhoneを視野に

また、機種変更後の12か月間は 旧機種の残債額と新しく購入した端末の機種代金の両方が請求される ので注意して下さい。 非常に悔しい。 特典の適用に必要な条件は下記の通り。 基本的なサービス内容は「半額サポート」と同じです。 本体・ディスプレイが破損していない(ひび割れ・破損・欠損など)• 誰もが特典を最大限活用するため 2年で機種変更をせざるを得ない状況になるでしょう。

Next

トクするサポート

最新機種を含むスマホは対象になっていますが、 ケータイ(ガラケー)機種は対象外となっている点には注意が必要です。 当然ながら、ユーザーは4年かけて端末代金を完済する必要がありますが、月額390円を払い半額サポート+に加入することで、25カ月目(3年目)以降の任意のタイミングで「端末をソフトバンクへ返却し、新しい機種を購入する」ことで、残りの支払いをなしにすることができます。 回線契約の解約・譲渡(家族割引名義変更を除く)をした場合 その他条件• なので、 「1年買い替えオプション」を利用してもしなくても、支払う金額は自体に変わりありません。 それは、半額サポート+で購入した端末にも「SIMロック」が掛けられていることだ。 24ヶ月までの差額の機種代金は、引き続き毎月の支払いとして、プログラム利用料金の差額は一括での支払いになります。 クレジットカード払いで機種を購入していること ちなみに解除する場合は店頭でしか解除できず、手数料が 3,000円かかります。 「下取りプログラム」は、ソフトバンクユーザーが機種変更で指定機種を購入する場合、または他社からのりかえる際、使っていた古い機種を下取りしてもらえるサービス。

Next

「半額サポート+(プラス)」徹底解説!旧半額サポートとの違い、メリット・デメリットは?

自分でスマホを売るのが面倒 また、長くスマホを利用したい方や、使ったスマホをサブ機として持ちたい方、自分で売ることができる人は利用しない手もありです! 発売から2年しか経っていないスマホであれば売却価格も高く、返却プログラムを使用することによって割り引かれる金額よりも高く売れる可能性があります。 運用資金は生活費の節約。 白ロム端末をスマホ屋さんから独自に購入する• 支払い方法を 「クレジットカード払い」にするだけです。 メリットとデメリットを分かりやすく紹介します。 確かにスマホは高価な物で4年程使うのが妥当と思いますが、 正直3年では買い替えたいところ。 ほんとかよと思いながらその話を信じた。

Next