彼方から。 彼方からのネタバレと最終回の結末は?あらすじや感想も紹介|はぐれめたる

三番目の虹 ~彼方から~: あまあま金時栗かのこ

国と国が手を携えるようになっても、夜盗強盗不貞の輩は 後を絶つ事を知りません。 そこに持ってきてイザーク達の帰国です。 やがて目を覚ました典子は、怪物の蠢く異様な雰囲気の樹海に一人きりでいるという現実に直面する。 イザークは何も知らず勝手に宿命を負わされたノリコを殺すことができず、ノリコがこの世界の言葉を覚えて自分の立場を理解できるようになるまで側に置くことにするのです。 20歳。

Next

三番目の虹 ~彼方から~: あまあま金時栗かのこ

ドロス 声 - ラチェフとタザシーナに脅され利用されていたやや愚鈍な青年。 毒と風を操りイザークを捕らえるが、その後の御前試合で返り討ちにされる。 終盤でラチェフに髪を切られたのを機に、最初の髪型に戻った。 しかしそのモテ方が貴族のムコにだの、姫と結婚して 国を継いでくれだのめんどくさい方向にも働く事になり、 ノリコの可愛い眉を曇らせ、果ては睫毛を濡らす事態に なろうとは今幸せなイザークには思いも及ばなかったりする。 第二部でザーゴ国の兵と悶着を起こし一文無しになってしまった所をノリコたちと出会う。

Next

彼方から此処へ / EXILE ダウンロード・試聴

ノリコに想いを寄せてイザークと恋の駆け引きを演じるが、ノリコがイザークと相思相愛と知って身を引いた。 ラブの部分では、もうとっくに枯れた(笑)と思っていた乙女の部分をイザークの文句のつけようのないカッコよさやノリコのなんとも言えないかわいらしさが引き出してくれる。 もうすでに人生半分牛耳ったかと思うほどイザークの今後に 関わりたがります。 しかしこれが簡単な職務ではなかった! ケミルと結託していた軍上層部はことごとく失脚、もともと 腐ったトップですから、部下も腐ったミカンの方程式状態でした。 導入 見知らぬ世界の夢を頻繫に見るようになっていた高校生・典子は、友人たちとの帰り道の途中、無差別爆弾事件に巻き込まれ吹っ飛ばされてしまう。 生まれつき盲目で、占いを通じて世界を見ている。 元の世界での家庭環境は両親と兄と祖父の五人暮らし。

Next

彼方から

バーナダム ジェイダ左大公の警備隊に属する灰鳥一族の青年。 バンナ ワーザロッテ親衛隊の一人。 パロイ ザーゴ国の新国王。 ぜひ試してみてください。 ただでさえ凄腕の上に超人的な身体能力や回復力を持ち、「遠当て」と呼ばれる衝撃波や炎をも操る一匹狼の能力者。 ノリコたちの助力で闇が祓われた後は、村人達の霊と共にノリコ達をサポートする。 第四部で囚われたノリコに同情してラチェフらを裏切り、以降はチモの能力を使ってノリコとイザークに協力する。

Next

彼方から (1) (白泉社文庫)

悪意の塊「黙面」のお告げに従い、ワーザロッテに取り入るとともに、ノリコを生贄として要求する。 それぞれ黙面から特殊な力を授けられていたが、黙面消滅後は力を失い、散り散りに去っていった。 この作品はきっと、40代、50代、60代になってもまた読みたい作品と思う。 引退後、隊商に加わり働いていた時に少年時代のイザークに出会い、剣術を教えた。 穏やかな性格で気のいいおばさん。

Next

彼方からのネタバレと最終回の結末は?あらすじや感想も紹介|はぐれめたる

以降、ノリコを気にかけて何かと世話を焼いており、イザークとノリコの恋を密かに応援する。 そして二人の第二の母、 ガーヤおばさんが店舗移転して住んでますから、迷うところです。 バラゴ ザーゴのクソ王子・ナーダの近衛隊。 戦いを挑んだイザークに惨敗を喫してしまうが、ラチェフにその力を見込まれて保護される。 あらすじ [ ] 高校2年生の 立木典子( ノリコ)はある日の下校途中、無差別事件に巻き込まれ、その衝撃でに飛ばされる。

Next

彼方から (1) (白泉社文庫)

彼方からのあらすじ 主人公は何の変哲もない普通の女子高生 「立木典子(通称ノリコ)」。 脳内設定という名の妄想 元凶との戦いから3年後の妄想…でなくて、設定です。 小さな諍いから魔に呑まれ、森に巣食う化物の一部となってしまった人々の魂を解放するため、自分を知覚できるノリコに助けを求める。 ノリコとイザークが一行を離れた後は、ゼーナ達と共に旅に出る。 イザークにとって最大の宿敵であり、彼を一度ならず窮地に追い込んだ唯一の人物。 その後は渡りの戦士として生計を立てながら放浪の日々を送っていた。 17歳。

Next

三番目の虹 ~彼方から~: あまあま金時栗かのこ

他サイトもうまく利用すれば、よりお得に「彼方から」を読むことができます。 騒乱へ傾く情勢の中で穏健派として知られるが、ケミル右大公の謀略によって失脚、二人の息子・ロンタルナ、コーリキと共に追われる身となった。 異世界基準でも稀有なレベルの能力者であり、前述の身体能力と合わせて作中ではしばしば「化け物」と評されている。 単行本は全14巻、文庫版は全7巻。 ワーザロッテ失脚後はリェンカに戻り、ラチェフのもとで働いていたが、ゴーリヤの方が評価されている現実に不満を募らせていく。

Next