セレナ ハイウェイスター 違い。 【グレード選び】日産「セレナ」の人気グレードを徹底比較!

新型セレナのハイウェイスターとライダーの違いを教えて下さい。

G となっています。 カップホルダー 10個〈フロント2個、セカンド4個、サード4個〉 XV G ハイウェイスターG 【全車標準装備に加えて】• タイヤのホイールデザインも違うなど、様々な違いがありますね。 0 2. まとめると・・• これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。 2 e-POWER G 1. アシストグリップ〈運転席、助手席、セカンド、サード〉• セレナから1台を選ぶとなるとXグレードに特別装備を加えたX Vが現時点でコスト性能のバランスをみて最強の1台です。 ブリリアントホワイトパール• セレナの中ではもっとも売れ筋のグレードになります。 それにタイヤ以外の違いと言っても、それこそ見た目くらい。

Next

セレナのグレードの違いと売れ筋ランキングを解説!人気はVグレード

2 2. グレード 価格差 ハイウェイスター — ハイウェイスターV 227,700円 ハイウェイスターG 240,900円 まずはハイウェイスターの廉価グレードを見て行きますが、比較対象として標準ボディのXを用意。 ラインナップにe-Powerが加わり、ハイパーエコドライブがミニバンでも可能となっただけではなく、9月のマイナーチェンジで基本装備が強化されました。 カップホルダー 12個〈フロント2個、セカンド4個、サード6個〉• しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。 16インチアルミホイール• 従ってセレナはGやハイウェイスターGを買うより、コスパで勝るXVやハイウェイスターVを買ってオプションを追加した方が自分のため、家族のためにもなりますよ。 セレナ S• ノーマルでは1本の横桟グリルがハイウェイスターでは2本になり、フロントエアロバンパーも装備。

Next

セレナC26前期・後期の違い|中古車選びで失敗しないために

LDW(車線逸脱警報) 上記の2つは「20S」以外の全てのグレードに対して標準で装備されています。 だったら日産車全車に設定すればいいのにとも思いますが、ハイウェイスターは元々がミニバンであるラルゴからはじまったものだからなのか、基本的には 日産のミニバンシリーズにのみラインナップされます。 大容量ラゲッジアンダーボックス• 0 G 1 60. 明確な違いはエアコンの性能だけって言ってもいいくらい、差が小さいんです。 自分の判断では、ファブリックシートにシートヒーターは不要です。 自動で前車と一定の距離を保ちながら走行• シート地 合成皮革• ハイウェイスター系は64,800円のメーカーセットオプションを選ぶと、ハンズフリーが付いてきますが、助手席側のみです。 つまり、ノーマルを求めるならセレナ、見た目の違いを求めるならハイウェイスター。 リヤドアボトルホルダー• しかしこれは国産正規ディーラーに限った話です。

Next

セレナ (新型C27)のハイウェイスターとノーマルの違いは?

クリスタルミスト• つまり電気モーターによるサポートは限定的。 なお、スライドドアが必要な場合はXV・V・Gグレードを選びましょう。 Vセレクションには、ハイブリッドしかありません。 上下調整式シートベルトアンカー〈前席〉• ロゼブロンズ• 子供抱っこしててもボタンくらい押せますし。 踏み間違い防止アシスト という安全装備が追加されます。

Next

【日産セレナC27】ノーマルとハイウェイスターの違い

移動物検知機能付アラウンドビューモニターについては、従来の日産車では、モニターには自動防眩ルームミラーが使われていましたものが、メーカーオプションナビに限定はされますが、ナビ画面に表示することが可能になります。 チケットホルダー ちなみに、この4つの機能については全グレードに追加されています。 公式サイトなどを見ると、エルグランドや軽自動車のデイズなどにも同様に エアロパーツを装着したグレードとしてハイウェイスターが設定されていることがわかります。 これも、お盆やゴールデンウィークなど長距離運転や夜間運転をするときには役立つ機能です。 nissan. セレナに専用のグリルやバンパーを加飾した外装や、シート地のグレードアップなどをプラスしたラグジュアリーな仕様です。 ディーラーの下取り金額に騙されるな!? 新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

Next

価格.com

新型セレナの全グレード一覧 まずは、新型セレナの全グレード一覧を表にしてまとめました。 セレナのグレードごとの違いとは? 「セレナ」には、「S」「X」「G」と3つのメイングレードがあり、加えて外観が異なる「ハイウェイスター」というエアログレードが存在します。 また、「ハイウエイスター」と「20X」には「クロスギア パッケージ」が新設されています。 再現性が高くかんたんに実践出来る方法なので参考になると思います。 2 e-POWER ハイウェイスター Vを選ぶと良いでしょう。 e-POWERは2018年発売なので3年落ちのリセールは不明ですが、 1年落ちのリセールをガソリン車と比べると、以下の相場となっています。

Next