アフター コロナ 銘柄。 新型コロナ特需で株価上昇企業リスト…下落中だが終息後に株価上昇が期待される銘柄

マーケットは「アフターコロナ」に注目!大規模金融緩和であふれた資金はどこへ?|西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

新型コロナウイルスの感染拡大に対する警戒感が高まるなか、経済への爪痕もかつてない深いものとなっているが、株式市場では既に新型コロナ終息後の世界をにらみ、環境の変化に対応して業績を伸ばす企業の選別が始まっている。 投資顧問の「勝ち株ナビ」をご存知ですか? 「勝ち株ナビ」では 株式投資のプロが選定した、値上がりが期待できる推奨銘柄の情報が無料で入手できます。 10位 フーバーブレイン 情報セキュリティ製品の開発・販売・保守。 キャッシュレス還元などを追い風に、ここ数年で大きく進んできた日本のキャッシュレス化は、アフターコロナでさらに加速することは確実です。 。 同社では2月半ばから「スマホオーダー」を開始。

Next

アフターコロナの相場で私が注目する銘柄・無視する銘柄

モバイルオーダーは店舗運営の省力化・効力化が期待できるとともに、来店客の行列や待ち時間の回避など顧客満足度のアップにもつながります。 アフターコロナ関連銘柄に投資する際には、「新型コロナウィルスが収束したとしても成長を維持できるかどうか?」という観点から考えることが重要です。 6つ目の銘柄は越境eコマース事業を手掛けるBEENOSです。 また、期初の通期見通しを期中に幾度も上方修正するパターンを過去に繰り返している企業は、弱気な見通しを発表する傾向がある企業といえます。 一方で感染第2波を警戒しながらの解除であり、引き続き個々人の感染に対する自己防衛・管理意識は高い状態が維持されることが予想される。 足元の株価は、オンライン診療の規制緩和で医療のIT化が進むと期待され、年初来高値を更新しています。

Next

【新型コロナウイルス】アフターコロナ7銘柄 半導体関連、緊急事態宣言解除で上昇|日刊ゲンダイDIGITAL

現在低位株となっている銘柄については 特にリスクをしっかり見極めた上で、今後業績が劇的に回復し、値上がりしうる候補を発見しましょう。 国内の医師の約9割が登録しているほか、世界550万人の医師が利用していると言われています。 アフターコロナ下の環境で投資先として注目している銘柄は、1位「アンジェス」 26人 、2位「富士フイルムホールディングス」 19人 、3位「ソフトバンク」 12人 、4位「アマゾン・ドットコム」 10人 、5位「武田薬品工業」・「KDDI」 各9人 、7位「トヨタ自動車」・「メドレー」・「ANAホールディングス」・「村田製作所」 各8人 と、医薬品関連銘柄が上位に入った。 株価は、業績の好調から2020年1月には3,000円台を突破しましたが、コロナ禍の3月には1,709円まで大きく下落しました。 コロナ思惑で株価急騰。 オンラインビジネス オンラインビジネスはECに留まらず、これまでになかったサービスが産まれる最先端のビジネスシーンです。 3円から2020年5月には11,540円まで上がっており、 この8年弱で33倍もの上昇となっています。

Next

アフターコロナ下で個人投資家が注目している銘柄は?

つまり、それほど資金が潤沢にない個人投資家が購入しやすいのです。 と…ここでご紹介できるのはスペースの関係もあり、以上ではありますが…他にも「注目すべき」とする銘柄は沢山ございます。 そしてそして最も気になるのがこちら 毎年フリーキャッシュフローをしっかりと生み出しているところ シロアリとは住宅がある限り切っても切れない関係、今後も安定した売り上げは見込める。 そこでアフターコロナを視野に、数年先まで保有したい5G関連銘柄を紹介しましょう。 同社はソニー損保の「GOOD DRIVE」向けのビーコン開発や、教育ICTなども展開しており、新型コロナの影響は、同社には軽微と見られているようです。 業歴30年を超えるパイオニア企業として、セキュリティ監視や教育訓練を手掛けています。 長期かつ幅広い運用の経験と知識に基づいた多角的な分析に強み。

Next

【新型コロナウイルス】アフターコロナ7銘柄 半導体関連、緊急事態宣言解除で上昇|日刊ゲンダイDIGITAL

しかも長期の推移でみると、 2回テンバガーになっているという稀有な企業です。 その1つが次世代通信「5G」に関連する企業群です。 こうした一定の優位性が見込まれる企業群へ 分散投資してリスクを最低限に抑えつつ利益を狙いましょう。 一攫千金が狙えそうな条件がそろっていますね。 プライバシーに対する世論と、公衆衛生学上の要請とのバランスをどのようにとるか、各国それぞれの実情にあわせて対応している。

Next

マーケットは「アフターコロナ」に注目!大規模金融緩和であふれた資金はどこへ?|西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

株価が激安になっていて、低位株以上に値上がり余地が大きい 超低位株 ボロ株 株価100円以下 は一獲千金が狙える一方で、よりリスクもあり、ハイリスクハイリターンです。 なお、有料サービスとはなりますが、株探プレミアムでは業績修正の履歴を5年間分ご覧いただけますので、こちらを利用して確認することもできます。 こちらの記事では、低位株 ボロ株 のおすすめ銘柄を公表しています。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 世界株安局面で3月13日には524円まで売られたものの、その後は大反発しており、4月15日には1,705円まで急騰。

Next