イタチの駆除方法。 イタチ駆除は素人でも可能!お金をかけずに駆除する5つのステップ | クジョカツ

イタチ退治

「自分でイタチ駆除」「業者によるイタチ駆除」の違いをご存知ですか? イタチがわが家の屋根裏に […]• 狩猟免許は必要か• 4月や5月は頃になると、屋根裏では大暴れと糞尿のオンパレード。 ) 上記の動画の中で、お客様が作られた装置VSプロ仕様の追い出し装置が出てきますが、お客様の追い出し装置はお見事でした。 今ご紹介した駆除方法に使う道具は、だいたい3,000円程度で全て購入することが可能ですので、低コストで野生動物を追い出すことが可能です。 そのいくつかの方法を考えてみたいと思います。 2017年6月 news every. イタチは弱っている部分を簡単に壊して入ってくる事があります。 除菌・消臭 糞尿を処理したら、屋根裏の除菌と消臭を行います。

Next

イタチの生態・被害

画像:(Wikipediaより引用) ハクビシンの特徴 タヌキのような顔をしていますが、ネコ目ジャコウネコ科に属する、どちらかというとネコの体つきに近い生き物です。 「屋根裏でゴソゴソ、コトコト音がする」 「糞尿の臭いや獣臭がする」 「ニワトリや池の鯉を食べられた」 など、さまざまな被害相談が寄せられています。 自宅に泥棒が浸入した場合、一般市民にも逮捕権があり、泥棒を逮捕できます。 こどもは1年に1回産むそうです。 クマネズミは、体毛が黒く、まるでクマのような色をした大型の家ネズミです。 イタチ(害獣)駆除業者に依頼する場合は数社の相見積もりを 業者に依頼する場合は、• これより少し大きい3㎝程度の穴からイタチは侵入しますので、この穴を封鎖する必要があります。 感染症等のリスクを防ぐためにも、かならず防護用の服を着用して行ってください。

Next

【プロが教える】自分でイタチ駆除!手順と方法・再発防止策

作業後の再侵入は無料施工という保証 この内容で作業してもらって作業後3年程度の保証がある場合、 イタチ駆除費用の相場は20万円前後が多い様です。 イタチ専用の忌避剤や駆除剤、駆除薬スプレー イタチ被害を受けた時にまず試して欲しいのが忌避剤です。 施工写真データお渡しサービス。 その方法とは?• ということで、被害数が多いイタチに絞って追い出しが出来ないものかと対策を考えてみました。 また駆除の際は お子様やペットの健康にも配慮した安全な薬剤を使っておりますのでご安心ください。 私は、上からする大きな音で目を覚ましました。 【大前提】イタチは法律で守られている動物です 「イタチは理由なく自分で捕獲・駆除してはいけない」と聞いたことがありませんか? まさにその通りで、イタチは鳥獣保護法と狩猟法、2つの法律で守られている動物なのです。

Next

アライグマ、イタチ、ネズミ、ハクビシンなどの害獣を撃退します │ みんなの害獣駆除屋さん

それは一度捕獲に失敗すると、警戒心が強まりさらに捕獲が難しくなるからです。 バルサンを使うデメリット• ただし、日曜日・年末年始・夏季休暇期間は翌営業日以降の対応となりますのでご了承ください。 掃除するときは吸い込んだり手に付いたりしないように、 必ずマスクや手袋を着用し、ホウキと塵取りを使って掃除してください。 ここでは詳しい鳥獣保護法の内容を説明していきます。 イタチなどの鳥獣を保護するということは、その生物を保護するという意味だけでなく、自然環境の全体を保護するということにも繋がります。 書類を持って大阪市動物管理センター分室まで申請しに行く。

Next

イタチは夜行性の害獣!その習性と弱点、確実な駆除に役立つ知識|アライグマ・イタチ捕獲・屋根裏ハクビシン駆除対策撃退|害獣駆除110番

ホウキ• 追い出すだけなら許可はいりませんので、個人で駆除を考えるならこれでしょう。 野生動物には病原菌やウィルス、寄生虫が媒介している恐れがあり、屋根裏から階下に降りてきて人間に感染する恐れがあるので、早めの駆除が求められる• プロなら確実に駆除してくれますし、糞尿の清掃から再侵入防止策まで全て行ってくれます。 ステップ4:侵入経路をふさいで忌避剤を置く 音で野生動物を追い出したら、侵入経路となっている穴を金網と幅広いテープでふさいで、イタチやネズミ、ハクビシンの再来を防止します。 下から見ると天井板が段々と反って(そって)きたと見た目でもわかります。 そうでないと、こんな 被害が出てしまいます。

Next

こんな方法があったのか!屋根裏のイタチを自分で追い出す4つの方法

また多くの雑菌や寄生虫がついているため、空間全体を雑菌消毒・消臭します。 こんなに簡単に居なくなるなら、もっと早くやっておけばよかったと思いました。 仮にオスの捕獲申請を出したとしても、 先述したとおりオスとメスの区別をつけるのは素人には大変難しいことです。 そのまま治ってしまうこともあるのですが、治らず悪化して肝臓や腎臓にダメージが及び、命を落としてしまう可能性もあるため、念のため病院を受診した方が安全です。 類似した動物にはテンやアナグマ、フェレットなど。 イタチがよくいる場所 エサである魚や鳥がいる水辺、川、池、湿地帯など。

Next