ハザードマップ 高津区。 洪水ハザードマップ

武蔵小杉のハザードマップで浸水・洪水地域がどこか確認を

住民の大半は、浸水被害は予想外であり、「新開発エリアなのにどうしてこんなに水が溜まってしまったのかきちんと知りたい」、また、「今後もこのようなことがあるなら、その対策を」との声が上がっています。 ため池決壊による浸水想定区域について、新たに145箇所(山梨県の17箇所・静岡県の35箇所・長崎県の45箇所・熊本県の26箇所・鹿児島県の22箇所)を追加しました。 市が公表している津波ハザードマップを参考にするとともに、それ以上の規模の津波の到来も想定し、万が一の時の行動を家族とともに話し合っておくようにしましょう。 これまでは、東日本大震災後は、特に地盤についてが注目されましたが、地震についてだけではなく、これからは台風に伴う浸水被害の点からも確認の必要があります。 浸水想定図(洪水ハザードマップ) 県内一部河川の洪水浸水想定区域図が変更されました 河川管理者において、市内で関連する一部の河川(*1・*2)の洪水浸水想定区域図が、「想定し得る最大規模の降雨」によるのものへ変更されました。 「」 川崎市高津区の「」 【】【】 「地震」のタウンデータ ・活断層について 活断層とは :最近の地質学上の近年(数十万年前〜現在)の間にずれ動いた形跡があり、 今後も活動する可能性のある断層を「活断層」と定義しています。

Next

高津区洪水避難地図 最大想定で5割浸水 市、14年ぶりに改定

tv-asahi. ・当然ながら、2005年時点での推計のため、上表とは2010年の数値が異なりますが、将来推計の考察にあたり、 2つの表を合わせて見ていただくことが有効かと思います。 改めて、地域にどのような危険の可能性があるのか知ることが重要だ。 2005年 2010年推計 2035年推計 男女の総人口(人) 201,792 212,354 234,252 男女計の総人口指数(%) 100 105.2 116.1 出典「国立社会保障・人口問題研究所」より引用 「面積」と「人口密度」のタウンデータ ・川崎市の中では、面積が平均より小さいため、人口は平均的だが、人口密度は平均より高い。 津波ハザードマップ 平成25年、川崎市では、市内に到来するであろう最大規模の津波を想定し、1605年に発生した慶長地震をモデルに津波ハザードマップを作成・公表しました。 (これまで) 多摩川 2日間の総雨量457mm(200年に1回程度の確率) 鶴見川 2日間の総雨量405mm(150年に1回程度の確率) (これから) 多摩川 2日間の総雨量588mm (1000年に1回程度発生する可能性のある降雨量を上回る設定) 鶴見川 2日間の総雨量792mm (1000年に1回程度発生する可能性のある降雨量を上回る設定) 洪水ハザードマップ. 3,463• そのため皆様に活用されて、はじめて威力を発揮するものであります。

Next

高津区洪水避難地図 最大想定で5割浸水 市、14年ぶりに改定

出典「内閣府/地震の揺れやすさ全国マップ」より引用 【地震お役立ち情報】 個別地点の地震の揺れの感知は以下のような高精度機器がおすすめです。 たとえば、幸区版の「氾濫+浸水実績」では、 南加瀬周辺エリアで浸水が起きた箇所が存在していることが分かります。 物件や土地のプロである不動産会社を利用することにより、災害に強く、資産価値の高い物件情報を効率よく複数集めることが出来ます。 2005年 2010年 男女の総人口(人) 201,792 217,360 男女計の総人口指数(%) 100 107.7 出典「総務省統計局ホームページ」より引用 ・参考までに2005年発表の総人口推計の推移は以下の通りとなります。 この津波をモデルにした場合、川崎港で予測される満潮時の最大津波高は約3. 居住用物件を購入する際は、必ずハザードマップを確認しましょう。 河川の増水によって堤防が決壊して浸水する「外水はん濫」と集中豪雨等によりマンホールや側溝から雨水が溢れて浸水する「内水はん濫」の浸水範囲とその程度や、土砂災害警戒区域等を示したものです。

Next

ハザードマップポータルサイト

公表している区市町 ハザードマップの基となっている浸水予想区域図及び浸水想定区域図 1 神田川流域浸水予想区域図、 隅田川及び新河岸川流域浸水予想区域図、 荒川洪水浸水想定区域図 2 神田川流域浸水予想区域図、 隅田川及び新河岸川流域浸水予想区域図、 荒川洪水浸水想定区域図 3 隅田川及び新河岸川流域浸水予想区域図、 城南地区河川流域浸水予想区域図、 荒川洪水浸水想定区域図 4 神田川流域浸水予想区域図 5 神田川流域浸水予想区域図、 隅田川及び新河岸川流域浸水予想区域図 6 神田川流域浸水予想区域図、 隅田川及び新河岸川流域浸水予想区域図、 荒川洪水浸水想定区域図 7 隅田川及び新河岸川流域浸水予想区域図、 江東内部河川流域浸水予想区域図、 荒川洪水浸水想定区域図 8 隅田川及び新河岸川流域浸水予想区域図、 江東内部河川流域浸水予想区域図 9 城南地区河川流域浸水予想区域図、 多摩川、浅川、大栗川洪水浸水想定区域図 10 城南地区河川流域浸水予想区域図 11 城南地区河川流域浸水予想区域図、 野川、仙川、谷沢川及び丸子川流域浸水予想区域図、 多摩川、浅川、大栗川洪水浸水想定区域図 12 城南地区河川流域浸水予想区域図、 野川、仙川、谷沢川及び丸子川流域浸水予想区域図、 多摩川、浅川、大栗川洪水浸水想定区域図 13 神田川流域浸水予想区域図、 城南地区河川流域浸水予想区域図 14 神田川流域浸水予想区域図 15 神田川流域浸水予想区域図、 城南地区河川流域浸水予想区域図 16 神田川流域浸水予想区域図、 隅田川及び新河岸川流域浸水予想区域図、 石神井川及び白子川流域浸水予想区域図 17 神田川流域浸水予想区域図、 隅田川及び新河岸川流域浸水予想区域図、 石神井川及び白子川流域浸水予想区域図、 荒川洪水浸水想定区域図 18 荒川洪水浸水想定区域図 19 隅田川及び新河岸川流域浸水予想区域図、 石神井川及び白子川流域浸水予想区域図、 荒川洪水浸水想定区域図 20 神田川流域浸水予想区域図、 石神井川及び白子川流域浸水予想区域図 21 隅田川及び新河岸川流域浸水予想区域図、 中川・綾瀬川圏域浸水予想区域図、 芝川・新芝川浸水想定区域図、 荒川洪水浸水想定区域図、 江戸川洪水浸水想定区域図、 利根川洪水浸水想定区域図、 中川・綾瀬川洪水浸水想定区域図 22 中川・綾瀬川圏域浸水予想区域図、 中川・綾瀬川洪水浸水想定区域図 23 江東内部河川流域浸水予想区域図、 中川・綾瀬川圏域浸水予想区域図 24 浅川圏域、大栗川及び三沢川流域浸水予想区域図、 秋川及び平井川流域浸水予想区域図、 多摩川、浅川、大栗川洪水浸水想定区域図 25 残堀川流域浸水予想区域図、 黒目川・落合川流域及び柳瀬川・空堀川・奈良橋川流域浸水予想区域図、 野川、仙川、谷沢川及び丸子川流域浸水予想区域図、 多摩川、浅川、大栗川洪水浸水想定区域図 26 神田川流域浸水予想区域図、 石神井川及び白子川流域浸水予想区域図、 野川、仙川、谷沢川及び丸子川流域浸水予想区域図 27 神田川流域浸水予想区域図 城南地区河川流域浸水予想区域図 野川、仙川、谷沢川及び丸子川流域浸水予想区域図 28 霞川及び多摩川上流圏域浸水予想区域図、 残堀川流域浸水予想区域図、 多摩川、浅川、大栗川洪水浸水想定区域図 29 野川、仙川、谷沢川及び丸子川流域浸水予想区域図、 北多摩一号処理区、北多摩二号処理区浸水予想区域図、 多摩川、浅川、大栗川洪水浸水想定区域図 30 残堀川流域浸水予想区域図、 多摩川、浅川、大栗川洪水浸水想定区域図 31 野川、仙川、谷沢川及び丸子川流域浸水予想区域図、 多摩川、浅川、大栗川洪水浸水想定区域図 32 鶴見川流域流域浸水予想区域図、 境川流域流域浸水予想区域図 33 野川、仙川、谷沢川及び丸子川流域浸水予想区域図、 石神井川及び白子川流域浸水予想区域図 34 黒目川・落合川流域及び柳瀬川・空堀川・奈良橋川流域浸水予想区域図、 野川、仙川、谷沢川及び丸子川流域浸水予想区域図、 石神井川及び白子川流域浸水予想区域図 35 多摩川、浅川、大栗川洪水浸水想定区域図、 浅川圏域大栗川及び三沢川流域浸水予想区域図 36 黒目川・落合川流域及び柳瀬川・空堀川・奈良橋川流域浸水予想区域図、 石神井川及び白子川流域浸水予想区域図 37 野川、仙川、谷沢川及び丸子川流域浸水予想区域図、 北多摩一号処理区、北多摩二号処理区浸水予想区域図 38 多摩川、浅川、大栗川洪水浸水想定区域図 39 多摩川、浅川、大栗川洪水浸水想定区域図 40 野川、仙川、谷沢川及び丸子川流域浸水予想区域図、 多摩川、浅川、大栗川洪水浸水想定区域図 41 黒目川・落合川流域及び柳瀬川・空堀川・奈良橋川流域浸水予想区域図 42 黒目川・落合川流域及び柳瀬川・空堀川・奈良橋川流域浸水予想区域図 43 黒目川・落合川流域及び柳瀬川・空堀川・奈良橋川流域浸水予想区域図 44 残堀川流域浸水予想区域図、 黒目川・落合川流域及び柳瀬川・空堀川・奈良橋川流域浸水予想区域図 45 浅川圏域、大栗川及び三沢川流域浸水予想区域図、 多摩川、浅川、大栗川洪水浸水想定区域図 46 鶴見川流域浸水予想区域図 浅川圏域大栗川及び三沢川流域浸水予想区域図 多摩川、浅川、大栗川洪水浸水想定区域図 47 多摩川、浅川、大栗川洪水浸水想定区域図 48 秋川及び平井川流域浸水予想区域図 49 石神井川及び白子川流域浸水予想区域図 黒目川・落合川流域及び柳瀬川・空堀川・奈良橋川流域浸水予想区域図 50 秋川及び平井川流域浸水予想区域図 洪水ハザードマップの基となっている浸水予想区域図・浸水想定区域図 各区市町のハザードマップの基となっている、浸水予想区域図及び浸水想定区域図は、下表のリンクから確認することができます。 一方、東日本大震災における津波被害は、専門家の想定をはるかに超える被害をもたらしたことを忘れてはいけません。 市が発表する避難情報や災害情報は、テレビやラジオ、ホームページ、アプリ、防災行政無線や電話など様々な方法で入手できる。 6,283• 土砂災害ハザードマップの入手方法 土砂災害ハザードマップは、各区役所の危機管理担当窓口で手に入れることができます。 災害に強く資産価値の高い土地探しから、間取り、資金計画まで無料で複数の大手ハウスメーカーが提案してくれます。 加えて平成29年には、神奈川県が公表した相模トラフ沿いの最大規模の地震による津波を想定し、市内の津波ハザードマップを更新しています。 282• 物件や土地のプロである不動産会社を利用することにより、災害に強く、資産価値の高い物件情報を効率よく複数集めることが出来ます。

Next

水害ハザードマップと浸水予想区域図とは|杉並区公式ホームページ

さらに、北海道・新潟県・石川県・岐阜県・鳥取県・島根県の津波浸水想定のデータを追加しました。 ・乗降者数は30万人を超える大規模な駅であり、JR東日本と東京急行電鉄の駅です。 2018年10月3日 2018年10月3日 2018年9月10日 重ねるハザードマップの土砂災害警戒区域等のデータを更新(国土数値情報 土砂災害警戒区域データ(平成29年度)を反映) 2018年6月8日 2017年6月6日 2017年6月2日 想定最大規模降雨による洪水浸水想定区域データを更新しました 2016年11月10日. 今後公表が予定されている県管理河川 鹿島川水系 洪水ハザードマップとは 平成17年に改正された水防法において、洪水時の住民の迅速かつ円滑な避難行動のため、河川管理者による主要な中小河川の浸水想定区域図の作成・公表と市町村による洪水ハザードマップの作成・配布が義務づけられました。 2001年 2003年 2006年 商業年間販売額(百万円) 266,382 273,989 269,691 ・製造業の年間出荷額の推移は以下の通りとなります。 71m。 もっとも、利用したいのは、普段からの災害対策の他に、住宅の売買、特に新しく家を購入する際には、確認することが望ましいです。

Next

宮前区の、新しくなった『洪水ハザードマップ』をチェックする

「こうした災害時の避難行動の確認は1人ではなく、家族や友人、ご近所の方と共有することが大切。 色の変更機能を利用するにはJavaScript(アクティブスクリプト)を有効にしてください。 ハザードマップの確認の必要性 ハザードマップについて、市民防災研究所の理事 坂口隆夫さんは下のように 昨年の西日本豪雨の倉敷市も、浸水地域とハザードマップは一致していた。 なお、千葉市のWebアプリケーションではありませんが、株式会社ウェザーニューズが千葉市、千葉県及び国土交通省が保有するデータを活用して作成した「ICT防災マップ」では、市内の道路冠水・建物等浸水の履歴などを地図上でご覧いただけます。 マンホールや側溝は冠水していると分かりません。

Next

川崎市の自然災害のリスクは?各種ハザードマップをチェック

津波ハザードマップ 平成25年、川崎市では、市内に到来するであろう最大規模の津波を想定し、1605年に発生した慶長地震をモデルに津波ハザードマップを作成・公表しました。 と並行して、安心して住める物件探しにお役立てください。 結果的には、海抜と標高は同義語となっています。 2020年3月17日 洪水浸水想定区域(想定最大規模)について、新たに県管理河川のデータ(北海道の38河川・栃木県の2河川・鹿児島県の4河川)を追加し、栃木県の荒川を更新しました。 土砂災害ハザードマップ 平成13年に施行された土砂災害防止法に基づき、神奈川県は、県内の一定規模を超える斜面やその近隣について、土砂災害警戒区域と指定しました。 その場合はお手数ですが、からご連絡ください。 2日間における「多摩川」の総雨量457mm…200年に一度の確率• そのため、周辺のホテルに泊まって復旧を待ちながら生活している人たちもいるようです。

Next

宮前区の、新しくなった『洪水ハザードマップ』をチェックする

急傾斜地の上からの水平距離が10m以内の区域• もう一つのマンションと冠水被害の大きかった武蔵小杉駅前も、ピンクエリアではないのになぜ被害が起きたのか、これについては、また別な記事でお知らせします。 従来は平均海面からの高さに「海抜」という言葉が使われており、一般的には沿岸部や低地の高さ に使われることが多かったようですが、現在正式には、標高を平均海面0mからの高さに使用する ことと定義され、海抜という言葉は淘汰されていきそうです。 色で示されているのは、先ほどの「最大浸水深」、つまり、浸水が起こったときに、どのくらいの深さになるということです。 東京都内の各区市町では、都市型水害対策連絡会が公表している浸水予想区域図や東京都又は国土交通省の各河川事務所が公表している洪水浸水想定区域図を基に、洪水ハザードマップを作成しています。 避難をするために必要となる情報、情報の入手先、避難場所一覧、緊急連絡先及び避難時の心得(災害時の情報・非常持出品・避難行動の目安)等が記載されています。

Next