キュンメル男爵。 ハインリッヒ・フォン・キュンメルとは (ハインリッヒフォンキュンメルとは) [単語記事]

「銀河英雄伝説/本編・第46

地球統一政府は長い年月を費やして宇宙開発に尽力し、超光速航行の実用化や植民諸惑星の開発を主導。 しかしウーチェンが止めに入る「 閣下には戦争犯罪人として生き残って戦後責任を取って頂きます」なるほど、ビュコックが死ねば、その下のものに責任が及ぶのでそれは阻止したいというわけね。 「ハインリッヒ、あなたは……」 「御免、ヒルダ姉さん。 おっめずらしくミッターマイヤー家へロイエンタールが訪問。 「おい、ハンス!」 ラインハルトがハンスを呼ぶがハンスの姿は既に消えている。 勇猛というより凶暴な戦いぶりには、討伐を命じられたさすがのミッタマイヤー、ロイエンタールも手を焼く。 このため、第7次イゼルローン攻防戦において、シュトックハウゼンの慎重策や、普段から嫌っている幕僚のオーベルシュタインの進言を拒絶し、ヤンの策略に嵌って要塞から誘い出される。

Next

エルネスト・メックリンガー

キュンメル男爵から庭に招待されたラインハルト一行。 ゾンネンフェルス Sonnenfels 声 - 旧 ロイエンタール麾下の提督。 諸提督を集めるとある作戦を説明。 レオノラ・フォン・ロイエンタール Leonora von Reuenthal ロイエンタールの母。 さあ形勢不利なヤン艦隊がまたも一旦引きます。

Next

銀河英雄伝説【旧OVA版】第30話「失われたもの」の感想 「フラグ乱立し過ぎです」

直ちにキュンメル邸へ軍を向かわせるケスラー。 確かにこれ以上はハインリッヒにとって負担になりかねない。 今回のまとめ三行• 2017. まあ陛下が良しとされるならば何も申し上げることはありませんが」 「あまりに目につくようなら僕からも警告はするし。 救国軍事会議のクーデターの時は匿われたし、ビュコックじいさんが力ずくでトリューニヒトを止めようとした時に邪魔したのも地球教徒だったですし。 こんな情勢なので各宙域で不法渡航者が捕まってるらしい。 本来の歴史ではキルヒアイスは非業の死を遂げて、アンネローゼはラインハルトが結婚するまで完全な世捨人となる。

Next

銀河声優伝説 キュンメル男爵 上杉達也(三ツ矢雄二)ラインハルト 吉田剛[2代目](堀川亮)

OVA版では設定変更に伴い、アルテミスの首飾りと同じ防宙システムによって艦隊が全滅し、戦死したことになっている。 ヤンを殺した張本人であったため、それを知ったユリアンから射殺されることになった。 に利用される形ではあったが信徒になることはなく、そう言った意味では精的な格はあったのかもしれない。 男爵位のキュンメル家は、言うまでもない。 行動力に恵まれ明朗快活、クロプシュトック侯爵ら有力貴族からの支持も厚い人物。 まあ、第3期でこのキュンメル男爵がやらかすのですけど、 改めて見たらここですでにフラグが立っていたのですね。 初めて会った息子の瞳が「金銀妖瞳」でないことをロイエンタールに安心させ、その上で親友ミッターマイヤーの養子とすることが決められる。

Next

銀河英雄伝説 本伝・第3期

その他の人物 [ ] グレーザー Graeser 声 - 白・決 皇帝の侍医団の一人。 そのまえにオーベルシュタインが対応するとも思うけれどね」 「……あの方は容赦がありませんからね」 確かにオーベルシュタインならばとりつく島もなくバッサリ、であるが。 デザイナーにして見れば名を売る千載一遇のチャンスである。 後からわかることですが。 また、その際に有力な軍人であるメルカッツを、家族への危険をほのめかすという形で従わせる。 ビュンシェ中将(幕僚)• 年相応に世情に疎く、素樸なところがあり、現場にいたケスラーを大佐と誤解し(さらに本当は中佐だと思っていた)、事件は自分がアイスを買いに行っていたせいと言うなど、ケスラーをやや面食らわせる。

Next

銀河英雄伝説【旧OVA版】第57話「キュンメル事件」の感想 「初の行幸先はテロリストの家だった」

ブラウンシュヴァイクという家名と、ローエングラム王朝の宰相に近しい人間として門閥貴族の復権を目論む者やローエングラム王朝を転覆とまでは言わずともその土台を揺るがす可能性として。 その後、ラインハルトの指示で自殺させられ、一族は10歳以上の男子は死刑、その他の女や9歳以下の子供は流刑に処せられた。 2018. OVAオリジナルの登場人物であり、原作での憲兵総監の名前は少なくともアスターテ会戦の祝賀式においてクラーマー大将と記述されている。 • そこでアッテンボローがある奇策を提案。 • 2019. 時系列上の初登場は外伝『千億の星、千億の光』のヴァンフリート星域の会戦で、前年に宇宙艦隊司令長官に就任したとある。

Next

アイアースAias銀河英雄伝説フリートファイル・バトルシップコレクション

軍人としての能力はメルカッツの方が宇宙艦隊司令長官にふさわしいという意見もあったというが 、客観的には無能ではないと評され、外伝の期間では少なくともミュッケンベルガーが現職にある間は帝国の勢力圏は安定していたと説明される。 戦艦の新米砲手で、クルトの部下。 ガイエスブルク要塞はヤンがいないイゼルローンに向かうのか? 反射衛星を利用したビーム兵器で自領を守っており、さらに実妹エリザベートが指揮する迎撃艦隊で敵を迎え撃つ。 ただしラインハルトを襲撃した際は自らも参戦しており、銃器もそれなりに扱えるようだった。 基本的にはミッターマイヤー艦隊の提督としてバイエルライン、ドロイゼン、ジンツァーと共に名が挙がることが多く、個人としての活躍は少ないが、終盤では盟友ベルゲングリューンとの絡みで登場することが多い。 概要 [ ] ローエングラム陣営の主要提督で、後の「獅子の泉の七元帥」の一人。

Next