ハイ スパーク イグニッション コイル。 「ハイスパークイグニッションコイル、レギュラーからプレミアムへ交換して体感!!」cockpitのブログ | COCKPIT

PSA系V6用ハイスパーク・イグニッションコイル 純正よりイイかも

まずはプラグへの差込口。 そう思い 【オカダプロジェクツ プラズマダイレクト】というイグニッションコイルを導入しました。 それが、何故ここまで結果を出せる商品を安価でリリースするのかとの問いに対しての回答。 電圧は変動するので、念の為にその範囲を書いておくと交換前は純正で6千〜8千ボルト。 High-Performace Ignition Coil イグニッションコイル High-Performance Coil T. イグニッションコイルは、スパークプラグに大きな電圧をかける役目をしており、電圧が足りなくなると、アクセルを踏み込んでも加速しなくなったり、ドドドと振動が起きたりします。 マイカーへの適合やお値段に関しては、当店まで気軽にお問い合わせくださいね! 最後になりますが、 今回もお買い上げいただき、本当にありがとうございました。 オーナーのMさんは、撮影前にイグニッションコイルの交換 純正新品 をしたばかりと話す。

Next

HighSpark Ignitioncoil Japan 取り扱い開始

イグニッションコイルの不調が原因?車にこんな異常が起こっていたらコイルの故障を疑おう 次に紹介するような異常が車に起こっていたら、イグニッションコイルの故障を疑いましょう。 イグニッションコイルやプラグはこの【良い点火】に含まれます。 ディーラーや自動車整備工場でチェックランプが点滅している原因を確認してもらうと、意外と多いのがイグニッションコイルの故障です。 新世代ボルボは全てのモデルがDrive-Eと呼ばれる4気筒エンジンになりますので、イグニッションコイルは4つ装着されています。 また、燃費にも大きく影響しており、年数が経過すると燃費が悪くなってしまいます。 特にスロットル開度がパーシャルの時のトルクはほとんどのテスト車両で体感出来るほどでした。

Next

ダイハツ L350系 タントに スパークプラグ交換 ハイスパークイグニッションコイル をお取り付け致しました。

(1本のみの交換では、その性能を発揮することはできません。 「将来的にプラグ交換の3回に1回は、壊れてなくてもコイルも交換するべきだと思ってるんです。 イグニッションコイルの交換は車に長く乗り続けるために必要 「アクセルを強く踏んでいるのに加速力がない」「エンジンチェックランプが点滅。 HIGH SPARK IGNITIONCOIL 今回の企画に協力してくれたのはさん。 ここまで支持されるハイスパークですが、その実力は本当なのか?実際に電圧を測って検証したいと思います。 1本に不具合が生じているということは、今後は他のイグニッションコイルにおいても同様の事態が想定されるため、前もって全てのイグニッションコイルを交換することもあります。 プラグは交換しないと、エンジンを確実に燃焼できなくなったりするケースもあるので、 エンジン不調、最悪の場合、エンジン故障にも繋がります。

Next

RX

エンジンの三原則は• コクピットみんカラブログ、 さて今回は、 話題の、 ハイスパークイグニッションコイルの 取り付けを、 スタイルコクピットフィールの レポートでご紹介します。 「電圧を上げると点火時間が短くなるという法則があって、プレミアムはそこの対策を強化していて、ハイスパーク独自の技術で出来る限り点火時間を短くならないように電圧を上げています」 電圧を上げる事で点火時間が短くなるという法則をプレミアムは克服しているそうで、その技術は世界でもおそらくハイスパークが初めてだそうだ。 良い圧縮• YAMAHA RD250 RD400 RZ250 RZ350 RZ250R RZ350R RZV500 TZR250 R1-Z SUZUKI RG250 RG400 RG500 HONDA CB250N CB250T CB400N CB400T CB400D 標準的なイグニッションコイルはスパーク電圧が約15000Vですが、ハイパワーイグニッションコイルは約2倍の30000Vの高電圧を発生する事により、 低回転から高回転まで失火せず強力なスパークを生み出します。 イグニッションコイルの他、点火コイル、スパークコイルと呼ばれる場合もあります。 アクセルを踏み込まなくても車がすすむため、燃費が向上したのだと思います。 主にボディーワークを中心にカスタムしてきて、ついついメンテはサボりがちだったようだ。

Next

RX

「ヘッドの部分は京セラさんの注形レジンを使っています。 何しろ電圧が倍になっているのを計測しているので、トルク、燃費の向上は間違いだろう。 経年劣化によるものなのか断定はできないが、マフラーの側というだけで、エンジンを切ってしばらくしてから外してもかなり熱い。 放電電圧はエンジンが高回転になるほど低下し、プラグコード、スパークプラグの劣化状態によっては、ノーマルイグニッションコイルでは要求電圧に届かず、失火の原因になる場合があります。 この強力なスパークにより出力、トルク共に向上が期待できます。

Next

「ハイスパークイグニッションコイル、レギュラーからプレミアムへ交換して体感!!」cockpitのブログ | COCKPIT

車種にもよりますが、30分あれば交換可能です。 その不快感は、とてつもなくストレスが溜まりますよ・・!! そこで今回、プラグ交換と同時に、 イグニッションコイルも新品に交換します!! 純正イグニッションコイルでも良いんですが 金額も純正とほぼ変わらず、性能は格段と上がるなら 今話題の ハイスパークイグニッションコイル での交換がやっぱりおススメです!! 通常イグニッションコイルと、ハイスパークイグニッションコイル、見た目はほぼ変わらないのですが・・。 古くなった純正コイルと交換すると燃調が変わってしまうほどです。 コイル本体は汎用となりますので、車種によりステーの製作等工夫が必要な場合がございます。 開発、生産、販売を一貫することにより、高品質、低価格での販売を実現致しました。 点火時間が気になる方は、プレミアムを選択すると良いだろう。

Next