俺 ガイル ss 修羅場。 【俺ガイル】雪ノ下雪乃・八雪おすすめSSまとめ【やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。】

旧 SSナビ(移転しました) : 俺の彼女とクラスメイトが修羅場すぎる。【俺ガイル】

」 由比「えっ!?ちっ違うよ、べっ別に見たくて見てたわけじゃないっていうか・・・そのー、成り行きみたいな?」 八幡「俺を見る成り行きってなんだよ!?」 由比「もぅ!何でもいいでしょ!そういえば他の2人は?」 八幡「いや、まだ来てないけど。 ここは混んでいる電車内なのかと勘違いするレベル。 じゃあ行ってくるわ。 続編: 大学生になったいろはがとあるトラブルをきっかけに八幡の家に押しかけるというSSのテンプレ的展開ですが、読ませる力のある作品です。 「タオル付きか・・・。

Next

【俺ガイル×艦これSS】八幡「艦娘?」不知火「はい」

雪乃のツンデレがいい塩梅で表現されています。 特に、わざわざコメントで批評・感想を言ってくれる読者の皆様には感謝しきれません。 興味湧いたし」 八幡 「ならここに一巻あるぞ」スッ 折本 「もし買って面白くなかったらもったいないじゃん。 一色は相変わらず奉仕部に入り浸っている。 今からどっか行くの?」 八幡 「俺が休日は外に出ないみたいな言い方やめてくんない?…. 「むぅ...... 他にも登場予定の艦娘はまだまだいますが取り敢えずこれだけ。 73 ID:qFNXs88do 八幡「お前……今の状況分かってんのか」 鈴谷「っ!?な、なに?」ピタッ 八幡「いやな?このままだと、今のが艦内放送で流される事になるかもしれない可能性があるんだが」 鈴谷「っ……私を脅してるつもり?」 八幡「人聞きの悪いことを言うな。

Next

【俺ガイル・材木座SS】比企谷八幡「ヒロインがダメ」

頑張ってね」 いろは 「ありがとうございますぅ。 まあ、それは良いんだ。 そしてさっきから雪ノ下が顔を赤らめながらちょいちょい下の方見てるんだけど・・・。 」 それじゃあ私の気が済まないとか言われなくて良かった。 」 八幡「ん。 いつバレるかビビりながら登下校するのがいやなだけだから」プイッ 結衣 「そっか。 あと二人来ているのだが。

Next

旧 SSナビ(移転しました) : 俺の彼女とクラスメイトが修羅場すぎる。【俺ガイル】

28歳だとちょっと言動に、違和感があるかもです。 未完であることだけが非常に惜しいのですが、それでもここに紹介したいレベルの高い作品です。 」 そう言って雪ノ下の頭を撫でてやる。 そういうの一蹴しそうだったのに 折本 「ねぇ?聞いてる?」 八幡 「ん?悪い悪い。 私と八幡の時間を邪魔しないでもらえるかしら。 あーしさんって葉山と結ばれるイメージが全く湧かないんだよな。 「ちょっと、どうすんだよ由比ヶ浜」 俺はヒソヒソ声で雪ノ下に話しかける。

Next

SSまとめるー : 俺ガイル

今、お前と仲良く出来るのも中学の時の同級生だって割り切ってるからで、それ以上の感情はない。 んでそのあとこいつに無理矢理連れてこられて」 いろは 「違いますよ!これは放課後デートってやつですよ!」フフン 八幡 「お前、今日の事あいつらには言うなよ?ただでさえ海老名さんの事で敏感になってるんだから」 いろは 「え~それは今日の先輩の態度次第ですね」フフン 八幡 こいつ… 仲町 「二人はどういう関係なの?なんか仲良さげだけど…」 いろは 「あっ分かります?先輩とは…」 八幡 「こいつとは先輩と後輩ってだけの関係だ」 いろは 「今はですよ。 」 由比ヶ浜「んじゃあご飯時だし、サイゼでもいこう!」 八幡「なんでお前はそんな元気なんだ?」 由比ヶ浜「ん?」 八幡「いや、なんでもない。 サソッタノイロハスジャン 八幡 「ったくホント強引だな」 折本 「比企谷ごめん!私この後バイトあるんだった。 特に私は。

Next

旧 SSナビ(移転しました) : 俺の彼女とクラスメイトが修羅場すぎる。【俺ガイル】

弛緩した雰囲気の中、雪ノ下が話を進めた。 そして、淡い桃色の唇を突き出した。 ならちゃんと言うね?私は比企谷の事が好き。 「俺妹」のごとく受験のために急遽一人暮らしをすることになった八幡の世話をいろはがすることにななり・・・という展開自体に目新しさはないものの、圧倒的いろはす力が味わえる良作です。 おもしろいから放っておこう。 中学の頃の黒歴史をもう一度繰り返すだけかもしれない。

Next

【俺ガイル】一色いろは・八色おすすめSSまとめ【やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。】

俺ガイル要素はキャラ以外はほぼないのですが、雪ノ下が可愛いのでオールオッケーという感じです。 ……あれ。 比企谷の事だしあんまエスコートは上手くなさそう。 しかし、万が一にもこいつらが相手となると、とある問題が頭を悩ます。 」 「そ、それは...... 比企谷と居ると楽しかったし、中学ん時には知らなかった色んな比企谷が見れた。

Next