キャント テイク マイ アイズ オフ ユー。 【羽生結弦】キャント・テイク・マイ・アイズ・オフユーCan’t Take My Eyes Off You 新FSプログラム提案

バックナンバー

ラ・クカラーチャ 16. アネマ・エ・コール 17. チキ・チキ・バン・バン 11. ザ・ウェイリング・オブ・ザ・ウィロウ 7. 燃える珊瑚礁 18. オイエ・ネグラ 18. フール・オン・ザ・ヒル 22. さすがにパーシー・フェイスはミュージカルはお手の物、その手馴れたアレンジ・演奏は舞台を彷彿とさせます・・・と言ってもどんなミュージカルなのかは全く知りませんが。 スピーク・ロウ 19. オー・ハッピー・デイ 22. 3 チョコレート・バターミルク• 当時日本でもヒットした馴染みの曲が多く、懐かしさとともに聴く楽しみがあります。 バイア 19. ちなみに「キャメロット」とは辞書で調べると「Arthur王の宮廷があったという伝説上の町」だそうです。 ザ・ファースト・タイム・エヴァー 3. 最近の作品は「Of」が省かれた形で書かれることが多いようだが、 どうして「Of」」が省かれるようになったかは不明。 リナ 11. インドの歌 7. スインス・アイ・フィール・フォー・ユー 23. ハウ・アー・シングス・イン・グロッカ・モラ 2. ミュージック・アンティル・ミッドナイト 8. マリー・イン・ザ・モーニング 17. テル・ハー 22. テイク・ミー・イン・ユア・アームズ 13. ゼアズ・ア・ボート・リーヴィン・スーン フォー・ニューヨーク 14. 燃えよドラゴン 14. トゥ・ザ・ランド・オブ・マイ・オウン・ロマンス 5. サン・ホセへの道 13. 9 レインボウ・イン・ユア・アイズ• たとえば、ホーギー・カーマイケルが作って歌った「ジョージア・オン・マイ・マインド」はレイ・チャールズのR&Bのイメージ。 アイ・ニード・ユー 5. イット・マイト・アズ・ウェル・ビー・スプリング 7. 男と女 14. 月下の蘭 11. Kalamazoo To Timbuktu 13. ハニー 17. ザ・フィフティナインス・ストリート・ブリッジ・ソング 12. ゼアーズ・ルーム・イナフ・フォー・アス 19. クライム・エヴリィ・マウンテン 7. CUANTO LA GUSTA 25. ネヴァー・マイ・ラヴ 8. まずはその映画のラストに近い歌のシーン、ご覧ください。

Next

Percy Faith original

オール・ザ・スィングス・ユー・アー 17. デュエリング・バンジョー オリジナルのリリースはそれぞれ'73年と'74年。 デュエット 3. ゼアーズ・オールウェイズ・サムシング・ゼア・トゥ・リマインド・ミー 7. スィンキング 10. ビギン・ザ・ビギン 7. ブルー・ミラージュ 7. 前半の12曲は全てパーシー・フェイス自身の作品。 キャント・テイク・マイ・アイズ・オフ・ユー 18. ヘルプ・ミー・メイク・イット・スルー・ザ・ナイト 6. ラヴァー,カム・バック・トゥ・ミー 6. スパニッシュ・セレナーデ 14. 「ジス・イズ・マイ・ソング」は「チャップリンの伯爵夫人」から、ポール・モーリア盤の日本語タイトルは「愛のセレナード」となっています。 アイル・テイク・ロマンス 24. 「マリー、クィーン・オブ・スコッツ」のテーマ 14. Madeira 23. 前半は、押しなべて穏やかと言うかゆったりしたインパクトの薄い曲に終始していて、うきうきするような楽しい曲もないし、かと言って耳に残るような美しい曲もあまりなかったです・・・少なくとも私にとっては。 このシリーズによって現時点では日本盤で発売されていないパーシー・フェイスの古い年代からの膨大な録音を聴くことができ嬉しく思っています。

Next

moraのご利用について

LA CHAPARRITA 前半はヨーロッパの曲ばかりのようで「 Passport to Romance」と言うタイトルはいかにもそれらしい雰囲気を想像させます、ところが聴いてみるとそんな感じはあまりなく、ヨーロッパと言うよりもむしろラテン風な味付けになっています。 「ザ・フォックス」のテーマ 3. ブレッド、ラヴ・アンド・ドリームス 18. ウェイティン 7. フレスノ・ビューティーズ 10. ケアフリー 6. ホワット・カインド・オブ・フール・アム・アイ 9. パリの橋の下 23. エストラダ・ブランカ 15. ブラシル 13. ワン・キス 12. オールド・ファッションド・ラヴ・ソング 17. インヴィテーション 8. エヴリシング・アイ・ハブ・イズ・ユアーズ 2. ビー・ア・サンタ 19. 「ザ・ガール・ザット・アイ・マリー」「ア・キス・イン・ザ・ダーク」「ホワイル・ウィアー・ヤング」としっとりと美しい曲が多く、個人的にはこの中間部に一番惹かれました。 ドゥ・アイ・ヒア・ア・ワルツ 2. 魅惑のワルツ 18. LAS ALTENITAS 8. ハウ・キャンナイ・ビー・シュアー 9. 「ポーギーとベス」の方の曲名で「ベス・ユー・イズ・マイ・ウーマン・ナウ」だとか「アイ・ラヴズ・ユー,ポーギー」などは変な英語ですが誤植ではありません、多分物語りで使われる言葉に訛りがあるのだと思います。 「Held Over」は辞書によると、上映延長のことでしばしば受身形で用いられるとのことです。 アルバムのタイトル曲にはなっていませんが、やはり一番の聴きものは「夏の日の恋」でしょうか。 管楽器を使わない編成なので派手さはありませんが、逆にしっとりした曲と相俟ってパーシー・フェイスらしい弦の美しさが際立っています。

Next

Percy Faith original

ビクター・ヘルベルトって誰じゃいと思いながら注文したアルバムですが、解説の単語を拾い読みするとかなりのビッグ・ネームのようです。 ジス・イズ・マイ・ソング 19. moviecollectionjp様 絶対、ジョン・ロイド・ヤング氏バージョンで入り 後半の最後の盛り上がりのステップをボーイズタウンギャングバージョンに 切り替えてもいいかなと。 DITES-MOI 17. ザ・ダック 8. 後半はタイトル通りラテンもの、と言っても情熱的なラテン曲ではなくちょっと憂いを帯びたメロディアスでソフトタッチのものが主体、それもそのはずでカルロス・ジョビンの曲が6曲占めています。 ウィンディ 19. 「ジ・エンターテイナー」「哀しみのソレアード」はいろんなオケによる演奏がありますが、個人的にはこのパーシー・フェイスが一番好き。 また、「マスカレード」はジョージ・ベンソンのものでも一世を風靡した。

Next

you can't hurry love ユー キャント ハリー ラブ (ラヴ) alison krauss...

ザ・テンプル 9. スターズ・フェル・オン・アラバマ 3. 17 クイーン・オブ・マイ・ソウル• 「バザール・オブ・ザ・キャラヴァン」は交響曲第2番も顔を出し、「ダッタン人の踊り」が再度ダイジェストで登場します。 ウェーブ 10. タラのテーマ 13. 確かプゥルセルの演奏だったはずですが、「東日本海フェリー」のラジオ・コマーシャルでよくかかる曲(東日本地区だけかも)、何ていう曲なのか30年近く知ることができずにいたけれどやっと分かりました、「ヴァレンシア」だったんですね。 Enlloro 24. ローラ 16. LA GOLONDRINA 15. キス・ミー・アゲン 3. ジェラシー 2. ザ・ラヴリェスト・ナイト・オブ・ザ・イヤー 7. マック・ザ・ナイフ 16. ベサメ・ムーチョ 3.。 ビューティフル・ラヴ LP2枚分を1枚のCDに収めたシリーズが1999年頃から輸入盤で10点以上リリースされていたようで、廃盤の憂き目に遭わないうちにと思ってまとめて注文した中の1枚。 Abbondanza 6. TU SABES 4. 「ケアフリー」と読みでの情報だったので、「Carefully」だとばかり思っていたら、CDが発売される段階で「Carefree」であることを知りました。 キープ・ミー・イン・マインド 22. ジ・エンターテイナー 12. 峠の我が家 5. バラ色の人生 22. CUANTO LA GUSTA 25. しっとりした曲からパンチのあるノリの良い曲までバラエティ豊かでとても楽しめました、サウンドも厚みがあってゴージャスです。

Next

moraのご利用について

このCDの特筆すべきは録音面、特に前半が驚くほど優れていて、とても鮮明で音に張りと立体感があります、59年のものとは到底信じられないほど。 ヒア・イト・カムス・アゲイン 10. ハウ・ハイ・ザ・ムーン 7. ホワイル・ウィアー・ヤング 4. オリエンタル・ポルカ 17. ジュヌヴィエーヴ 3. イン・ラヴ(FIORIN FIORELLO) 16. 風のささやき 5. ジョーイ・ジョーイ・ジョーイ 5. ザ・ラヴリィエスト・ナイト・オブ・ザ・イヤー 9. ボーブルズ・バングルズ・アンド・ビーズ 2. ザ・シー・オブ・ザ・ムーン 14. ゲット・ミー・トゥ・ザ・チャーチ・オン・タイム 12. シャ・バンピング 8. ザ・シンプル・ジョイ・オブ・メイドゥンフッド 15. ホワット・イズ・ジス・シング・コールド・ラヴ 17. ブラック・マジック・ウーマン 2. キャン・アイ・フォアゲット・ユー 20. 「サンセット」はグローフェの「グランド・キャニオン」から、原曲ももちろん良いけれどこのパーシー・フェイスの演奏はそれに勝るとも劣りません。 ラ・バランガ 10. ZANDUNGA:JESUSITA EN CHIHUAHUA 24. 後半は全部かどうかは分かりませんがメキシコ音楽が中心、よく知られた曲が数曲入っていますがアルバム・タイトルに使われているのはそれらではなく、全然知らない「ムーチョ・ガストゥ」です、なぜかと思ったらパーシー・フェイス自身の作品でした、ギャロップを用いた楽しい曲。 それにしても、このシリーズを10点近く通して聴いてみて強く感じるのは、パーシー・フェイスのアレンジの多彩さです、しっとりした曲、色彩的な曲、アップテンポな曲、スローな曲まで何でも来いという感じ、どんな曲でもパーシー・フェイスの持ち味が発揮されています。 キッシズ・スウィーター・ザン・ワイン 17. ATREVIDO 12. ティコ・ティコ 9. 「ヴィヴァ・ヴィヴァルディ」は四季の「春」で、パーシー・フェイスにしては珍しいレーモン・ルフェーヴルばりのポップ・クラシカル調。

Next