外小股 決まり手。 外無双

相撲の決まり手はいくつあるの?珍しいものやド派手なものも含めて一覧を紹介

本来は前廻しを引いて押し上げるものも含むはずだが、この場合、公式にはほとんど例外なく「寄り切り」が採られる。 首捻り くびひねり =右(左)腕で相手の首を抱えて左(右)手で相手の差手を抱え、首を抱えた手の方に相手を捻り倒す 小手捻り こてひねり =相手の片腕を抱え、抱えた腕の方へ相手を捻り倒す 特殊技 引き落とし=片手を相手の腋に当て、斜め下に落とす 引っ掛け ひっかけ =突き押しの攻防の中で、相手の腕を両手で抱え、体を開いて相手を前に倒すか土俵の外に出す 叩き込み はたきこみ =突きや押しの攻防の中で、体を開き、相手の肩や背中をはたいて倒す 素首落とし そくびおとし =相手の首または後頭部を上から手ではたき、相手を前方へと倒す 吊り出し= 両廻しを引きつけながら掴み、腰に力を入れ踏ん張って相手を吊り上げ、浮かせたまま土俵の外へ出す 送り吊り出し=相手の後ろにまわり、相手の褌を取って引き付け、相手を吊り上げて土俵の外に出す 吊り落とし= 正面から相手の体を吊り上げ、その場に落として倒す 送り吊り落とし=相手の背後に回り込み、相手を後方から吊り上げ、その場に落として倒す 送り出し= 相手の背後に回り込み、後方から相手を押し、土俵の外に出す 送り倒し=相手の背後に回り込み、土俵上か土俵の外へ相手を前方に這わせるように倒す 送り投げ=相手の後方に回り込み、相手を投げ倒す 送り掛け=相手の背後に回り込み、自分の足を相手の足に掛けて相手を倒す 送り引き落とし=相手の後方に回り込み、相手を自分の前方に引き倒す 割り出し= 四つに組んだ体勢から、片方の手で相手の二の腕を掴むか筈に当て、もう片方の手で上手か下手を取るか小手に巻いて寄り切る うっちゃり= 土俵際まで寄せられた、または土俵際で吊り出されそうになった力士が腰を落とし体を捻って、相手力士を土俵の外へ投げる 極め出し=相手の差手や首、肩の関節を腕で挟み込み(極めるという)、相手を土俵の外へ出す 極め倒し=相手の腕や肩、首の関節を腕で挟み込み、土俵上か土俵の外へ相手を倒す 後ろもたれ=相手が自分の背後に回り込んだ際、もたれこむように相手を土俵の外に出す、または倒す 呼び戻し よびもどし =四つ身に組んだとき、強引に相手の差し手を引っ張り込み、いったん呼び込んで反動をつけ、相手の体が浮き上がったところを素早く差し手を返して、突き出しながら引っ張り込んだ方へひねり倒す 非技 (勝負結果) 勇み足=押し、寄りなどで土俵際まで相手を攻め込んだ側が、相手より先に足を土俵外に踏み越してしまうことを差す 腰砕け=相手が技を仕掛けていないのに、体制を崩して倒れてしまった時に用いられる決まり手 つき手= 相手の力が加わらぬままバランスを崩し、土俵上に手をついてしまうこと つきひざ=相手の力が加わらぬまま膝をついた場合に適用される 踏み出し=戦意が無く、土俵外に出た場合や相手とぶつかってもいないのに後ろに下がって出てしまう場合 禁手反則 禁手を用いた 場合は反則 負けとなる 握り拳(こぶし)で殴ること 頭髪を故意につかむこと 目または水月(みぞおち)等の急所を突くこと 両耳を同時に両掌で張ること 前立褌(まえたてみつ)をつかみ、または横から指を入れて引くこと ノドをつかむこと 胸・腹をつかむこと 一指または二指を折り返すこと. 足を掛けて体を預けて倒すのを「 掛け靠れ【かけもたれ】」というが、足の恰好の区別がつかないことから、採らない。 10: 小手投げ【こてなげ】 相手が差して一杯に出てきたとき、敵を呼び込んで相手の差し手を上手側から褌を取らずに巻き込んで打つ。 押すと見せて引き、差し手を抜きざま他方の手で相手の腕のつけ根を引っ張って透かし落とすのを「 上手透かし【うわてすかし】」という。 押していって、相手が土俵際で堪えるのをもう一押し、土俵外に出したときには、「 押し切り【おしきり】」として区別された。

Next

外小股

掴み投げ【つかみなげ】 上手であろうと下手であろうと一本廻しを掴み、相手を真上にエイと吊り上げ、右廻しからなら右へ、左廻しからなら左へ振り飛ばすか、 または、ブンと掴み上げざま廻しを放して相手を俯せに落とす強引な技。 襷反り【たすきぞり】 相手の差し手の肘を抱え込み、その腕の下に潜りながら、一方の手で相手の内腿を取って、 襷を斜めにかけたように敵の体を背負ったようになって後ろに反って倒す技。 上手でも下手でもよい。 極め出し【きめだし】 相手の差し手を外側から抱えて締め上げ、関節を動かせなくして土俵外に出すことである。 「褄」の字は明治以来のものといわれる。 相手の後ろに廻って、後ろから抱きついて抱え上げ、土俵外に運び出す。 裾取り 相手に投げを打たれた際、片方の手で相手の足首を外側から取って倒す技 裾払い 出し投げを打った際、相手が踏み出した右(左)足の足首を左(右)足で払って後ろ向きに倒す技. 横綱吉葉山、関脇高見山、横綱隆の里、関脇水戸泉らがよくやった。

Next

相撲の決まり手はいくつあるの?珍しいものやド派手なものも含めて一覧を紹介

但し廻しを取って捻った場合、正式発表においては上手捻りや下手捻りを採られている。 181• 寄るときは差し手の方に寄るのが鉄則、上手側に寄ると逆転技を喰いやすい。 但し、首を巻いての上手投げや、相手が二本入っているときの上手投げは、ともすると出足を誘いかねず危険である。 相手に堪える暇を与えないで土俵外に出した場合には、「 寄り出し【よりだし】」とされた。 協会の定義では土俵内において相手が倒れた場合にのみ適用することとなっているが、円の外に相手が倒れても送り倒しとされているのが実態である。 打っ棄りは前頭吉野山、横綱双葉山が得意とし、後には横綱佐田の山、大関北葉山、小結若浪あたりがよく見せた。

Next

外無双

足は内からでも外からでも取って良い。 大関旭國が、右差しにくる相手にやって成功させていた。 投げ手 上手投げ【うわてなげ】 四つに組んで上手を引き、腰を入れて投げを打つ。 片腕を首に巻いて投げるが、もう一方の腕は相手の肘を抱えるか、腕を返すかしないと決まらない。 43: 外襷反り【そとたすきぞり】 相手の差し手の肘を掴み 相手の差し手が左なら右で掴む 、もう片手 前記の体勢ならば左 を相手の差し手の上から廻して相手の足 前記の体勢のときは左足 の内側に当てて反るようにする。

Next

相撲の決まり手はいくつあるの?珍しいものやド派手なものも含めて一覧を紹介

褄取り【つまどり】 平成23年 1月以降不採用とする 相手の足首より先を取って倒す。 ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。 相手の後ろに廻って抱きつき、左右いずれかに投げ倒す。 おっつけから突き落としに変化する場合もある。 平成12年末の決まり手追加により復活。 そしてこの82手の中で一番多い決まり手はどれなのでしょうか。 なお、「角觝画談」には「爪取り」として「足首を取り上げて敵を尻餅つかせ、又は四ツ這ひにさせる手口」とあり、以下に出る「小褄取り」と「裾取り」をもすべて包含するものと考えられ、 これらを細分化すると却って分かりにくくなると思われることから、 平成23年 1月以降は協会による「褄取り」「小褄取り」「裾取り」全てについてを「 爪取り【つまとり】」とする。

Next

相撲の技一覧!珍しい決まり手や種類はどんな技なのか紹介します!|相撲道

浴びせ倒し【あびせたおし】 四つに組み、寄りを堪えようとした相手が反り身になったとき、のしかかって上から覆い被さり相手を倒す。 平成12年末の「送り」技大量追加 細分化 により、相手の後ろについて足を掛けずに真っ直ぐ前方に倒した場合にのみ適用されることになった。 それにともない引き落としや突き落としなどの引き技も増えています。 裾取り【すそとり】 平成23年 1月以降不採用とする 相手が打った投げを堪えながら、 つまり相手の横についている状態で 腕を伸ばして相手の足首を外側から取り、渡し込むように倒す技。 133• 相手の片手を両手で握るようにして動けなくすることを「撓める」といい、「泉川」ともいう。 そのため、番付が上の力士が禁じ手を行ってしまうとブーイングが起きやすくなり、力士の品位を損ないかねません。

Next

相撲の技一覧!珍しい決まり手や種類はどんな技なのか紹介します!|相撲道

相手の真正面または真後ろから足首を取ると、小褄取り。 上から潰される危険性が高く、難易度は極めて高いが、決まると誠に鮮やかである。 体の開きが不十分だと浴びせられる可能性大。 「無双の名人」といわれた二子岳が外無双とともに華麗に決めていた。 35: 小褄取り【こづまとり】 突き合い中や立ち合いに低く入って相手の足首から踵を正面から取って大きく持ち上げ倒すか、 相手の後ろから足首を引き上げて前に這わせるか土俵から追い出す技。 捻り手 突き落とし【つきおとし】 相手の腋の下に外側から親指を入れ、他の指を揃えて肩に当て、捻りながら相手の体を突きつけるようにして落とすのが正しい突き落とし。

Next